プロジェクト・コラボレーション基盤

複数会社間で伝えるべき情報を確実に伝えて、
納期遅延やコストアップに繋がる
設計変更や作業の手戻り、トラブルを防ぎます

プロジェクトの品質管理を司るプロジェクト・マネジメントの要所はどこにあるのでしょうか?
一般に知られているのは、品質: Quality、費用: Cost、納期: Delivery、つまりQCDという評価軸ですが、「言った」「言わない」という初歩的な課題に躓く数多くのケースを、 株式会社シーエムプラスのプロジェクト・マネージャーたちは度々見聞きしてきました。
彼らが真っ先に上げた悩みは、いつ、誰が、誰に、何を言ったのか(要求したのか)を記録に残し、 手戻り(REWORK)を避ける仕組みが必要であるということ。
それを実現するのが「CORRESSA」、プロジェクト・コラボレーション基盤です。

プロジェクトの課題

あなたは経験ないでしょうか?
社外に指示した証拠となるメールや書類がなかなか見付からずに困ったことが。図書の最新版がどのファイルなのか確信が持てず、不安になったことが。事前の社内承認(ワークフロー)という方針は守られているでしょうか?マニュアル回覧で過大な負荷となっていないでしょうか?社内承認された情報や図書は、果たして相手先企業に発信されたのでしょうか?受領されたのでしょうか?アクションのボールは、一体どちらにあるのでしょうか?そんな数々の困った課題に、抜本的な解決策はあるのでしょうか?

CORRESSAの特徴/機能

CORRESSAは、クライアントの立場に寄り添って業務を遂行していく、私たち自身が使うために生まれたサービスです。
実際のプロジェクトで多発する課題に打ち勝ってきたプロジェクト・マネージャーの
ノウハウ/極意を惜しみなく詰め込んでいます。

  • コレスポンデンス機能

    プロジェクトで発生する、社内限定、または社外複数会社間のあらゆるコミュニケーション=情報伝達を記録し、認識の違いから発生する手戻りを防ぐ仕組み

  • 図書管理機能

    コミュニケーションで作成、やり取りされるあらゆる図書を、WBSをはじめとしたプロジェクト管理体系に合わせて記録・管理する仕組み

  • ワークフロー

    社内承認を得た情報だけがプロジェクトの公式な情報として宛先企業に公開されることで情報伝達の信頼性を高める、安心の仕組み

  • ペーパーレス&
    シングル・リポジトリ

    紙書類と電子ファイル、電子メールを跨がるチグハグなコミュニケーションをさせずに、CORRESSA一カ所で全ての情報伝達を串刺しにする仕組み

  • プロジェクト

    複数社間且つ複数階層での情報伝達を想定に入れたプロジェクト・コミュニケーションを可能にする仕組み

  • クラウド

    セールスフォース・ドットコムのクラウド基盤「Salesforce App Cloud」上に開発され、システム構築を必要とせず、短期間で導入することが可能な仕組み

機能フロー

コレスポンデンス機能通称:コレポン

1

作成

  • 伝達情報の作成
  • 社内ワークフロー起案
2

情報発信・公開

  • 社内ワークフロー最終承認
  • 宛先/通知先へ情報伝達
3

情報受領

  • 情報受領
  • 社内回覧
4

返信

  • 返信元への情報伝達の作成
  • 社内ワーク
    フロー起案
5

社内アクション

  • 作業指図
  • 作業実施

図書管理機能通称:ドキュハン

1

図書登録

  • WBSコード付き
    一括登録(インポート)
  • 個別登録
2

作成依頼

  • 図書一覧からピック
3

作成・ワークフロー

  • 図書仮登録
  • 社内ワークフロー起案
4

本登録・発行

  • 社内ワークフロー
    最終承認
  • 宛先に図書公開
5

進捗管理

  • 図書一覧ビュー
  • WBSコードビュー

費用

  • 使う分だけ支払う
    サブスクリプション型課金

  • 月額利用料: 1,500円~/1ユーザー
    ※要年間契約。10ユーザーから

  • まずは30日間トライアル!
    詳しくはお問い合わせください。

プロジェクトは新しい武器を手に入れる