FunctionCORRESSA コレポンの機能

コレポンとは

コレスポンデンスの略です。プロジェクト内でのやり取りに関する処理について、完全かつ正確な記録を維持することを意味し、コミュニケーション手段の一つとして、特にエンジニアリング・建設業界で使われています。
CORRESSAは、この機能を実装させ「コレスポンデンスシステム」としたクラウドアプリケーションです。

CORRESSAのコレスポンデンス機能とは、電子メールの新しい形により、
誤送信や情報漏洩が命取りとなる高価値なビジネス情報を取り扱うためのコミュニケーション手段です。

対象プロジェクトの情報のみが表示され、正確にかつ完全に、自社と他社の間のコミュニケーションを記録するマネジメント・システムです。

プロジェクトに特化した
コミュニケーションスペース

  • 情報漏洩、コンタミのリスクを低減

各ユーザは自分がアサインされたプロジェクト(複数)を切り替えて、自社・他社と情報のやり取りをすることができます。
Eメールのように他の情報やスパムなど、プロジェクト以外の情報と混在することはありません。

プロジェクト公式情報

CORRESSAは、コレポンタイプに合わせたワークフローが複数設定可能です。
また、受信側からの返信メッセージもワークフローが設定され、承認を得たもののみが配信される仕組みです。
検討者、承認者による2段階のワークフロー(1段階の設定も可能)が設定でき、それぞれの代理承認者による承認も設定可能です。

To-Do(アクション)管理

社外企業より受領したコレポン、自社が配信したコレポンに関連付けたアクションを、自社内ユーザへ割り当て作業指示することができます。
アクションの対応期限を付けられるので、アクションの進行状況をユーザ毎や全社的に把握することができます。

情報伝達の安全性

  • 誤送信の防止

CORRESSA コレポンでは、あらかじめプロジェクトに関わる企業、グループ及びメンバーを登録し、事前登録したプロジェクト・メンバーのみ、宛先に指定することができます。そのため、メール通知の際、個別にメールアドレスの入力を必要としないため、誤送信を防ぐことができます。

CORRESSAはコレスポンデンス機能をフル活用し、
プロジェクトの契約書、通達文書、議事録、図面など、
プロジェクトに関わる各企業間で発生するメッセージのやり取りを記録、
双方の認識の齟齬をなくすためのプロジェクトコラボレーション基盤であり、
プロジェクトを成功に導く協働的なITプラットフォームを提供します。

プロジェクトは新しい武器を手に入れる