FunctionCORRESSA ファイル共有の機能

プロジェクトユーザ間のファイル共有

CORRESSAのファイル共有は、プロジェクト(業務)内の特定部ループ間でファイルを共有する機能です。
この機能は、プロジェクト(業務)における参考文書、前フェーズの完成図書、既設の図面等、当該プロジェクト(業務)内でファイルを共有する共通の場所を提供します。
※図書管理(ドキュハン)とは異なり、承認記録を必要としない単にファイルを共有するシーンにおいて使用し、プロジェクトにおける共有ファイルサーバとしての役割を果たします。

CORRESSAのファイル共有機能とは、電子メールの添付ではなく、プロジェクトにおけるファイルサーバとして、
ファイルを企業グループ間でセキュアに共有するための共通の場所を提供します。

対象プロジェクトにおける企業のグループ毎にフォルダへのアクセス権を正確にかつ完全に設定可能な、
自社と他社の間のファイル共有のしくみです。

セキュアな共有アクセス権限設定

  • 各企業のグループ毎にフォルダのアクセス権を詳細に設定可能

CORRESSA ファイル共有は、コレスポンデンスや図書管理と同様に対象プロジェクトに設定された企業のみアクセスする保存領域を提供し、そのプロジェクトに関与しないユーザは一切アクセスすることができません。また、対象プロジェクトにおいても、企業のグループ単位でダウンロードのみ可能な「参照のみ」、当該フォルダへのアップロード、ダウンロード、削除、フォルダ作成が可能な「編集可」の共有アクセス権限を詳細に設定することができます。

役割に応じた画面切り替え

プロジェクトにおいて、一人が複数の役割(ロール)を兼務している場合があります。

CORRESSAファイル共有では、その役割(グループ)をグループ切り替えメニューからすぐに切り替えることができ、そのグループに共有アクセス権限に応じたフォルダを表示することができます。

コレポン機能との連携

  • コレポン添付ファイルを一元管理

過去のメールから添付ファイルを探すのは、非常に厄介な作業です。また、添付文書だけを確認できたとしても、送信者がどのような意図でそのファイルを添付してきたのかは、メールの本文を確認する必要があります。

CORRESSAファイル共有では、CORRESSAコレポンとファイル情報を共有しており、ツリービューの「コレポン添付ファイル」からコレスポンデンスに添付された全てのファイルをリスト表示することができます。さらに、リストビューに表示された「コレスポンデンス NO.」をクリックすると、そのファイルが添付されたコレスポンデンスを表示し、添付された際の連絡事項を確認することができます。

図書管理(ドキュハン)機能との連携

  • プロジェクト図書の一覧表示

CORRESSAファイル共有では、CORRESSAドキュハンとファイル情報を共有しており、ツリービューの「図書」からプロジェクト図書に添付された全てのファイルをリスト表示することができます。

さらに、リストビューに表示された「図書 NO.」をクリックすると、そのファイルが添付されたプロジェクト図書の詳細画面を表示することができます。

メンバー間のファイル共有を円滑に

CORRESSA ファイル共有は、プロジェクト組織間の権限を厳格に確保しながら、クラウドストレージとしての必要な機能を持っています。ドラッグアンドドロップによるファイルやフォルダの操作、フォルダに共有権限を持つユーザへの通知など、プロジェクトを円滑に進めるための基本的なファイル操作機能を用意しています。

 

  • フォルダのツリー表示
  • ドラッグアンドドロップによるアップロード/移動
  • バックグランド アップロード/ダウンロード
  • ファイル検索機能
  •  共有ユーザへのファイルアップロード通知

プロジェクトは新しい武器を手に入れる