FunctionCORRESSA ドキュハンの機能

ドキュハンとは

ドキュメント・ハンドリングの略です。大規模なエンジニアリング・プロジェクトや生産施設の建設プロジェクトにおいては、設計図面をはじめとしたプロジェクト図書が大量に生成されます。

「図書管理」とは、実態がない図書を登録して完成図書となるまでの単一ファイルもしくは複数ファイルを含むドキュメントセットを管理することです。
図書の次のような要素、図書リスト/図書発行・承認/発番/属性/マイルストーン/版(バージョン)等を管理する必要があります。
プロジェクトにおける「ドキュメント・ハンドリング」とは、プロジェクト・ステークホルダー間で各図書を作成し、発行承認・管理をする一連の処理作業のことです。

CORRESSAは、プロジェクト図書の発番、バージョン、マイルストーンなどの属性管理と複数企業間での
承認や公開範囲/アクセス権限を制御する仕組みを備えています。

一般的なオフィス文書を管理する文書管理システムと異なり、
プロジェクト図書はプロジェクト各工程のアウトプット=成果物となる図書であるため、
その作成状況を管理することは、プロジェクト全体の進捗状況の把握にも繋がります。

プロジェクト図書リスト

CORRESSA ドキュハンでは、作成すべきプロジェクト図書リストをインポートして、作成、改訂、発行を一元的に管理することができます。

図書の承認・発行状況モニタリング

プログレス管理

図書の作成・承認状況/進捗をモニタリング

  • 計画(Plan)プロジェクト計画時に設定した、作成図書の完成計画日
  • 予測(Forecast)遅延や前倒しなど、日々変化する作成図書の完成予測日
  • 実績(Actual)承認会社/グループによって承認された実績日

登録したプロジェクト図書全ての進捗をタイムリーに把握することが可能。

宛先別発行の管理

複数の宛先企業に対して、「発行目的」と「承認結果」で図書の発行を管理します。

(例) 図書をA社からB社に発行目的:FA(承認依頼)で発行し、
B社からA社に承認結果:B(朱記訂正の上承認)を返す。

図書の登録、属性、改訂管理


  • 属性管理

図書タイプ・図書番号・WBS・ステータス・発行日・作成者・版番号等の属性の管理、図書タイプの番号体系に合わせた自動発番設定、改訂履歴や発行履歴を記録する版管理の機能を有しています。

CORRESSAのドキュハン機能は、
プロジェクトにおける「プロジェクト図書管理」「ドキュメント・ハンドリング」
正確で確実に実施することで、より高品質なプロジェクト・マネジメントの実現を可能にします。

プロジェクトは新しい武器を手に入れる